下克上受験

見た・・・なんとかがんばって最後まで見た・・・orz

最後は5話くらいハードディスクにたまっていて、

もう春ドラマが始まるからハードディスクをあけておかなくちゃ!

と無理して一気見した。

もういいやって消してもよかったんだけど

そこは、せっかく出羽さんが音楽やってるんだし・・・ということで

とりあえずは見ておこう・・・と。

だから感想は、

子役さんがかわいかった・・・くらいかな。

あ、あと、深キョンのお母さんとしての立ち位置が好きでした。

基本的には学歴をそれほど信奉してはいないんだけど、

旦那さんと娘が一生懸命だからそれを応援する、

くらいのいい意味での力の抜けたスタンスが救いでした。

受験モノが嫌いというわけではないんですよね。

でも好きな受験モノ(出来ない子が優秀な指導者の下志望校に合格するってやつ)は

「学ぶことは楽しい」という視点が必ず入っている作品です。

今まで食わず嫌いでやらなかった勉強を頑張ってやってみたら

今まで知らなかった世界が見えてくる、分からなかったことがわかってくる

そういう知的好奇心を刺激されて本人がわくわくし出すという過程が好き。

そこに偏差値があがったり、周りの評価が分かってくるという要素がついてくる

途中スランプがあったり、勉強に専念出来ない要素が出てきたりと紆余曲折があって

ハッピーエンドとなるからカタルシスがあるんですけど、

このドラマに対してはその知的好奇心の拡大っていう面があんまり感じられなかった。

偏差値が上がった下がったに一喜一憂するだけの受験ドラマは

しんどいだけであんまり見る気になれないんですよね。

勉強って成功への免罪符を得るためだけの苦行ではないですからね。

阿部サダヲさんのオーバーでコミカルな演技で盛り上げてはいたけれど、

最後まで冷めた目で見てしまったのは

このドラマを見て「学ぶことは楽しい」ということを

心から感じられなかったからなんだと思います。

まあ私自身の価値観が、あんまり受験にないから余計にそう思うんだろうけどね。

この記事へのコメント