視覚探偵 日暮旅人

もう春ドラマが始まっていて、それを追っかけるのが忙しくて

すっかり忘れそうになってたけど、

まだ冬ドラマの感想が残っていました。

このドラマも毎回楽しみに見ていました。

視聴率的には苦戦したみたいですね。

あんまり話題にもならなかったし。

でも、旅人が見ている世界(感情さえも見える世界)はとても美しくて好きでした。

そういう意味では、嗅覚など映像で説明しにくい感覚よりも、

映像で表現出来る「視覚」を扱ったのはドラマ的だったかなあと思います。

その一方、視覚以外の感覚が全くないというのはとても想像しにくくて、

そこは損していたのかなあという気もします。

視覚以外は聴覚も嗅覚も味覚も触覚も何も無い世界で生きているのに

いくら人並はずれた視覚があるとはいえ、

こんなに普通に生活ができて、普通に人と話せるのかな

という思いは最後まで何となく残ったんですよね。

視覚意外何も無いというのは、物語上欠かせない主人公の大切な特性なのに

時にそのことを忘れてしまうほど旅人が普通に生活している。

そんでもって時々、

一旦眠ってしまうと本人から目を覚まさない限り誰も起こせない、とか

歌が分からない、味が分からない等の描写が出てきて

ああ、そうだった! とそのたびに思い出す始末。

つまりは、視覚意外何もないという切迫感が

もう一つ見ている側に伝わっていないわけで、

ちょっと難しすぎる設定だったのかなあと思いました。

松坂桃李くんはとってもよかったって思うんですよね。

やさしく穏やかな青年、でもどこか日常とは違う空気感をまとっている

どこかに癒せない淋しさを抱えている・・・そういう雰囲気を

とても上手く醸し出していて、魅力的な主人公でした。

本当に桃李君上手くなったよなあと思います。

ストーリー的には中盤から徐々に旅人の秘密が明らかになってきて

旅人の復讐劇へと変わって行くのが面白かったんですが、

いかんせん復讐劇ということでは同時期に放送されていた「嘘の戦争」が面白かったんですよね。

はっきりと分かりやすく物語の構造を示して、最初から敵を明示して、

そこに向かって真っ直ぐに復讐を描いた「嘘の戦争」の方が見やすかった。

設定的にも似通う所があって、あれ、このエピソードってどっちの話だっけ?

とわかりにくくなるくらいだったので、

そういう意味では損をしていたかなあと思います。

単体で見たら十分面白かったんですけどね。

この記事へのコメント

  • Only Best

    こんにちは!HaHaさん。
    松坂桃李くん。本当に仰る通りだと思います。『ガッチャマン』の時と比べると、格段にうまくなりましたよね。ただそれ以前は、残念ながらほとんど見ていないので、よくわからないですが、その後の作品はほぼ見ています。

    決定的に思ったのは、映画『MOZU』を見た時でした。猟奇的な殺人鬼を実に見事に演じていらっしゃいました。『図書館戦争』では、無表情な冷徹な役で、微妙な表情の違いに感心したのを覚えています。

    ドラマ『サイレーン』の役では、優しい面と険しい面を巧みに演じ分けられていたと思います。

    今回の『視覚探偵 日暮旅人』。「殺す価値もない」と言い放ったダークな旅人が、ぞくぞくするくらいカッコよかったです。ただ、個人的にはストーリーが尻萎みになってしまい、初回を見た時のようなわくわくする感じが、回を追うごとに増していくのではなく、逆にだんだん薄れていった気がして…少し残念でした。

    ちなみに、ファンの俳優が出演する作品以外にも、観に行かれる映画はありますか?
    2017年05月03日 00:00
  • HaHa

    Only Bestさんへ

    コメントありがとうございます。

    私は松坂桃李くんを初めて見たのは「GOLD」だったんですよね。「GOLD」では綾野君のこと(綾野君と認識はしていませんでしたが)初めていいなと思った作品でしたし、次男役の矢野くんや武井咲ちゃんは印象に残っているのに、長男はぱっとしないなあという印象だったのです。大きな声では言えませんが…(;^ω^)
    「ガッチャマン」の時も品行方正な青年というイメージしかなくて、でもケンってそういう役なのでそんなもんかなあ…という印象でした。
    映画版の「MOZU」は見ていないのですが、ここ数年、柔軟に役を選んでいるなあという印象があって、自分で実際に見てイメージが変わったのが「ピースオブケイク」かな? いい感じで肩の力が抜けたなあって思ってて。「サイレーン」もよかったですし、私は「ゆとりですがなにか」の山路役が大好きでした。この役をこんなに魅力的に演じられるようになったんだなあと感慨ひとしおでしたねえ。その延長線上で「視覚探偵 日暮旅人」もあって、本当に魅力的な役者になったなあとしみじみ思います。

    >ちなみに、ファンの俳優が出演する作品以外にも、観に行かれる映画はありますか?
    実はファン以外の俳優さんの映画はそれほど劇場で見られていません。ここ最近では、綾野くんが関わった以外の作品で劇場に実際に行ったのは、「オデッセイ」「君の名は」「この世界の片隅に」「ガンダム THE ORIGIN」「ララランド」くらいです。もっと行きたいと思いつつ、出不精なのでついつい公開期間を逃してしまうことが多いです。今は「ムーンライト」や「3月のライオン」が見たいのですが、行けるかどうか…。
    2017年05月05日 02:15
  • お返事、ありがとうございました。

    今年に入り、剛くん以外で観た映画は、『キセキ』『愚行録』『ラランド』『追憶』です。『3月のライオン』は、観たかったんですが、結局観に行けそうになくて、残念です。

    そして来月は、『赤毛のアン』『いつか、また君と』を観に行く予定です。

    私が20代の頃は、ほとんど洋画一辺倒でした。30代は、子供のお付き合いで、アニメ中心になり、邦画を観るようになったのは、見ていたテレビドラマが映画化された作品を観に行くようになってからです。映画化されたドラマで観に行ったのは、『踊る大捜査線』が初めてでした。基本、ドラマを見ていなかった映画は、どんなに大作でも観に行きません。やっぱり、ドラマを三ヶ月間シッカリ見た上でなくては、と思ってしまいます。

    剛くんのファンになったのは、ドラマ『クレパト』からなので、映画は『ヘルタースケルター』からなんですが、実は観に行っていません。それ以外にも『』『ソレダケ』は、観ていないです。そして、『日悪』『新宿スワン』は、ファンになっていなければ、確実に観に行っていない映画です。

    映画ファンにしてみれば、偏見と思われてしまいますが、ガチな恋愛もの、暴力系の映画は、どうも苦手意識が働いてしまい、気が進まないです。

    ここまで一俳優のファンになったのは、剛くんが初めてでしたので、当初はファンにならなくてはわからなかったことが多々あり、いろいろな発見もありました。

    最近の傾向は、もちろん内容にもよりますが、実力派で豪華なキャストが揃っていると、もうそれだけでつい観に行きたくなってしまいます。余りよろしくない作品の選び方かもしれないですが…。




    2017年05月15日 19:01
  • HaHa

    コメントありがとうございます。

    綾野君のファンになられたのは「クレパト」からなのですね!
    私は「カーネーション」なので、ほとんど数か月違いですね。
    (TV等で名前を覚えたのは「Mother」「GOLD」のあたりなのですが
    どはまりしたのは「カーネーション」)
    だから「ヘルタースケルター」はファンになりたての頃に見に行って
    正直かなりハードでした(;^ω^)
    おおっ、この人のファンをやっていくのは大変だぞ!
    という覚悟ができた気がします。
    その後もこれは完全に自分の守備範囲じゃない…っていう映画も多いです。
    でも、私も、綾野君を通じて世界を広げてもらっているなあと思います。
    かえって、ある程度役やジャンルが限定されている役者さんより
    ファンやってて楽しいなあと思います。
    何より、綾野君がメインで出演する映画は、
    ご本人が積極的に宣伝活動されることが多いこともあって、
    スタッフさんたちの熱い思いを知ることができる作品が多い気がします。
    それも楽しみの一つですね。
    綾野君関係なしに見に行く映画は、
    それほど下調べしたりしないからかもしれませんが…。
    去年は綾野君の出演する映画が多かったので
    それを追っかけるだけでいっぱいいっぱいだったので、
    今年はもう少しそれ以外の映画も見に行きたいです。
    2017年05月20日 18:56
  • Only Best

    いつも、拙い私のコメントにも、丁寧なお返事を戴きまして、ありがとうございます。

    ファンになったのは、『クレパト』からですが、よくある話で所謂配役に惹かれただけかもしれない、俳優自身を好きになったのかどうか、初めのうちは半信半疑でした。ただ、そのドラマが終わった後のある情報番組に出演されていたのを拝見してからは、それ以降の映画、ドラマ、そしてそれ以前の作品はレンタルして、見れば見るほど、ドンドン填まっていきました。演技力もさることながら、その人柄、言葉の表現力に参ってしまいました。そこがしっかりしているので、決してぶれないんですよね。来月で、丸5年になりますが、全然気持ちがあせることはないです。

    ここでお詫びがあります。前回のコメントで空白がありました『』は、たとえば檸檬でした。歯抜けで失礼しました。

    他にはレンタルで見た『クローズⅡ』も苦手ですが、『Mather』『ソレダケ』のように、相手を痛めつけるような役は、直視できそうになくて、未見なんです。剛くんが余りにもその役になりきってしまうので、それを見るのが怖いのもあります。

    それ以外でもまだ見ていない作品もあり、チェック仕切れていない状況です。HaHaさんは制覇されていますか?
    2017年05月24日 00:12
  • HaHa

    >Only Bestさん

    コメントありがとうございます。

    >ファンになったのは、『クレパト』からですが、よくある話で所謂配役に惹かれただけかもしれない、俳優自身を好きになったのかどうか

    この気持ち、よくわかります。
    私も最初は役である「周防龍一」が好きなのか
    演じている「綾野剛」が好きなのかわからなくて
    戸惑っている時間が結構ありました。
    私の場合は、雑誌で作家の中村文則さんと綾野君が対談している記事を読んで
    これは過去の作品を辿って見てみようと思いました。

    >。前回のコメントで空白がありました『』は、たとえば檸檬でした。歯抜けで失礼しました。

    「たとえば檸檬」は関西でも上映されたので、映画館に見に行きました。
    とても好きな作品で、その後DVDになったときに、
    レンタルで借りてじっくりと見直しました。
    私の中の「お金があったら買おうランキング」でかなり上位にある作品です。
    確かに女性に対して暴力をふるうシーンはあるのですが、それほど多くはありませんし、
    基本主人公に対しては優しいので、それほど残虐ではないと思います。
    ただ主題が重いので見るのにある種の覚悟がいるのは確かですが・・・。
    でも、短髪になりたての、目がきらきらした綾野君(本当にこの作品の綾野くんの目、きらっきらなのです)を見られるので、
    気持ちに余裕がある時にぜひ見てみてください。
    この作品の役も綾野剛が演じることで役が変質したものの一つじゃないかと思っています。

    >他にはレンタルで見た『クローズⅡ』も苦手ですが、『Mather』『ソレダケ』のように、相手を痛めつけるような役は、直視できそうになくて、未見なんです。
    「Mother」はテレビドラマだったこともあって、
    虐待のシーンは映し方やカット割り演出等で
    直接的に暴力的な表現は見せないようになっています。
    これも内容は重いのですが、
    坂元裕二さんの代表作の一つとして見ごたえがあるドラマです。
    見るのがつらい役ですが、こういう役をきちんとやり遂げることができるのも
    綾野君の役者としての魅力の一つだと思います。
    決して感情移入して見られる役ではないですけどね(;^ω^)

    >HaHaさんは制覇されていますか?
    頑張ったのですが、まだ制覇できていません。
    初期の頃の作品はどうさがしていいのかわからないものもありますし・・・。
    主だったものはだいぶん見たと思うのですが・・・。
    特にあまり初期のものは、必死でDVD探して見たのに
    登場シーンは1カットということも多くて…。
    レンタルで探せる範囲で、できるかぎり頑張った・・・ってとこです。
    その中でも一番のお気に入りは「LIFE」です。
    もう見られましたか?
    2017年05月28日 12:10
  • Only Best

    『Life』は、レンタルで観ました。ただ残念ながらそのレンタル店は閉店してしまい、今はもう見れないんですが、ファンになりたての頃は、タイミングがよく、時間に余裕がある時だったので、借りていろいろと見ることができました。『イヌゴエ』『孤独の惑星』『ヘブンズフラワー』と、マイナーな作品も置いてあるところだったので、それを見つける度に嬉しかったのを覚えています。

    私がこの作品を選んだのは、他にも訳があります。HaHaさんも、ご存知かもしれないですが、ニコニコ動画で、剛くんを上げているある投稿者さんの動画が大好きで、もう数えきれないほど再生したくらい好きです。とにかく音楽もさることながら、表情の切り取り方、編集が本当に神業、絶妙なんですよ。何度見ても飽きないです。ただ、『最高の離婚』以降投稿されていないのが残念です。その動画を見ているうちに、実際の作品も見たくなったんです。
    『Life』も、その動画を見て、DVDを借りるきっかけになった作品のひとつです。

    ファンになって丸五年ですが、最近ファンになられた方は、遡るにしでも作品が沢山あり過ぎて大変ですよね。

    実はファンになる前に、剛くんの存在をまだ知らない頃に見た出演作品がありまして、『GOLD』『セカンドバージン』『SP』『うさぎドロップ』です。
    特に『セカンドバージン』の中村亮は、見ていた時は、なんだコイツは、と役柄にしか目がいかなくて(裏を返せば役になりきっていたわけですが)『クレパト』後、クレジットに『セカンドバージン』を見つけて、えっ?出ていたっけ?となって、でも思い当たるのがヒロインの息子しかいなくて。『クレパト』の黒崎裕とは似ても似つかない、髪型ばかりでなく、全然別人で結びつかなかったので、とても驚きました。それが今では好きなキャラクターの一人になっているから不思議です。

    『カーネーション』は、剛くん出演の週だけ見ました。今更ながら、全編見たかったです。演じられた中でも、周防龍一は好きな一人です。糸子と見つめ合うプラトニックなシーンが素敵でした。

    それからは、もう見る作品、どれも素晴らしく、次から次へと見てしまったんですよね。本当に、ここまで填まった俳優は、剛くんが初めてです。

    HaHaさんも、ファンになってから、同じような経験がありましたか?
    2017年06月01日 07:45
  • HaHa

    ONLY BESTさんへ

    コメントありがとうございます。
    近くのレンタル屋さんに「LIFE」あったんですか?!
    すごいレンタル屋さんですね!!
    私は店舗のレンタル屋さんでは探せなくて
    (田舎なもんで・・・)
    TUTAYAディスカスに申し込んでようやく見ました。
    それでも枚数が少ない上に、希望者がやたらと多くって
    順番が回ってくるまでずいぶん待ちました。
    「イヌゴエ」「孤独の惑星」「ヘブンズフラワー」も置いているなんて
    すごく品ぞろえのいいお店ですね。
    そういうお店がなくなってしまったのは残念ですね。
    まあ最近の出演作はどこのレンタル屋さんに行っても置いてある気がしますが。

    「セカンドバージン」は私もファンになる前に見ていました。
    リアルタイムで見ているときは行さんにばかり目がいっていました(;^ω^)
    長谷川さんがブレイクした作品でしたもんね。
    あの時は「GOLD」見た後だったから、あ、あのカメラマンだ…とは思っていた気がしますが
    いかにも今風な役者さんが今風の若者を演じている…くらいに思っていました。
    あの頃はずいぶん綾野君のイメージを誤解していましたから…。
    ファンになってその誤解していたイメージがどんどん覆されていくのが
    とても楽しかったです。

    「カーネーション」はお時間があるときに、ぜひ全編見ていただきたいです。
    前半も一人の女性の成長譚として非常に面白いですし、
    後半は、後半開始早々登場して、わずか3週の出番で退場した周防さんとの日々が
    その後の半生の中でいかに宝物のような時間として残っていくか、
    その出ていない時間の存在感が強烈な作品です。
    回想としてはほとんど映像が流れないんですが、
    セリフの片隅に周防さんを匂わせる言葉がちょこちょこ出る度に、
    頭の中で周防さんとの日々が再生される。
    出ていない部分で印象を強く残している作品だと思います。

    私も熱量がここまで続く形ではまったのは綾野くんくらいじゃないでしょうか…。
    というよりも、ずっとペースを落とさずに前進し続ける人って本当にいないですよね。
    私もファンになって5年ですが、
    未だにインタビューを読んで背筋が伸びる思いがします。
    決して立ち止まらず、前へ前へと向かうその姿勢、
    そして実現するためのたゆまない努力、
    その結果としてできてくる作品の熱量…
    5年たっても未だに新鮮な感動を受け続けています。
    今日公開の「武曲」も、ジャンルとしてはなじみのないジャンルですが
    また違った綾野君が見られるかと思うと楽しみでしかたありません。
    2017年06月03日 09:53
  • Only Best

    本当に、HaHaさんの仰る通りだと思います。
    剛くんと出会っていなければ絶対観ていないと思われる作品のことを知り、それでも観たい気持ちにさせるのは、そんなに大変な思いをしてまで肉体改造をしたりする剛くんの作品に対する取り組み、姿勢に敬意を表して、たとえ、どんなに苦手なジャンルではあっても、絶対に見届けなくてはという気になってしまうんですよね。そんな気持ちにさせてしまう剛くんって、本当に凄いですね。ずっと私より若く年下なのに、いつも感心させられることばかりです。見習うことも多く、剛くんを通じていろいろな視野も人間関係も広がり、感謝しかないです。

    ニコニコ動画については、もし会員ではないとしたら、見ることができないかもしれないのに、誰でも見られるかのように安易に振ってしまい、申し訳ないです。もし会員でなければ、ご容赦ください。

    それにしても、今日解禁になったHONDAの新CM。剛くん、理屈抜きでカッコイイ!です。😆
    2017年06月08日 20:02
  • HaHa

    Only Bestさんへ

    ニコニコ動画、最近は見に行っていないのですが、
    私も一時期よく見ていました。
    Only Bestさんがおっしゃっているのって
    役ごとにまとめられている方の動画ですよね?
    違うかな?
    私も一連の動画大好きでした。
    曲に合わせてとてもうまくまとめていらっしゃいますよね。
    私はニコニコ動画よりもYOUTUBEの方をよく見ていたので
    「シュアリーサムデイ」の劇中歌にのって
    初期の作品をまとめられている動画をよく見ていました。
    その中の作品を探して順に見ていった感じです。
    こういうファンによるまとめ動画って、本来は違法なんでしょうけど
    でもこういう作品をきっかけにもとの作品を見る人も多いと思うので
    ちょっとだけ大目に見てほしいなあ・・・と密かに思っています。
    今、久々に見ようと思ってニコニコ動画に行ったら
    パソコンが重すぎて動きませんでした。
    パソコン・・・なんとかしなきゃあ・・・。

    新しいCMかっこいいですよね。
    深夜にやっていたフランケンシュタインの恋の宣伝番組を録画していたら
    偶然CMも捕獲できて、やったあ! とホクホクしています(^^)
    2017年06月11日 02:50
  • Only Best

    私が見ていた動画は、たぶんHaHaさんが仰っている動画だと思います。
    その方の動画は、どれも秀逸ですが、その中でも『黒崎裕』『周防龍一』『上原諒』『中村亮』が特にお気に入りです。
    本当にどれも素敵で…。投稿者の方の剛くんへの愛情が編集された映像に溢れていますよね。音楽も決してメジャーな曲ではないですが、どれもすごく映像に合っていて、カット割りも曲に合わせていますよね。剛くんは、役になりきるというのもありますが、何をやらせても様になると言うか、軌道がとても綺麗でつい見とれてしまいます。
    『上原諒』以降、アップされていないのが残念でならないです。

    U-tubeと言えば、秦基博さんの「メトロ・フィルム」そして、かりゆし58の「アナタの唄」は、数えきれないくらい何度も見ました。本当に何もかもが素敵です。

    話しは変わりますが、剛くんが今まで出演されたCMの中では、どれがお気に入りですか?
    考えてみれば、本当に沢山のCMに出演されていますよね。その中から選ぶのは難しいですが、私のお気に入りは「サントリー白州」「MINTIA」です。(「MINTIA」の中で、叫んでいる剛くんが大好きです。)最近、それに「HONDA FIT」が加わりました!
    2017年06月14日 00:32
  • HaHa

    Only Bestさんへ

    あの一連の動画は本当に編集が上手でしたね。
    とても素人とは思えない。
    ファン目線で見たいと思う綾野君の姿を切り取られているからなおさらそう思えたのかな。
    綾野君のファンはすごく上手に絵を描かれる方もいるし、
    本当に多彩な才能を持つ人が多いなという気がします。

    MVで私が一番好きなのは、Q;indivi+チバユウスケ の「ACACIA;」です。
    MVは全部好きなんですけど、この作品は格別好きです。
    綾野君の泣き顔が好きというのがあるかもしれません(;^ω^)
    かりゆし58の「アナタの唄」を初めて見たときは感動しました。
    誰かのブログかツイッターかなんかで
    このMVって綾野剛だよねって書かれていたので、探してみてみたら
    確かにどう見ても綾野君で・・・。
    でも、せいぜい口元くらいしか映らないのに、最初に気が付いた人偉いなあって思いました。
    ウィキペディアにもこれは載っていませんもんね。

    CMも好きな作品が多くてとてもとても選べません(;^ω^)
    DUDAのシリーズも好きですし、ミンティアのシリーズもいいですよね。
    去年の宝くじのCMはとぼけた感じがとてもよかったし、
    BAILAのかわいい書店員さんや穴に落ちちゃう姿もかわいいUNITED ARROWS
    サントリーでは白州ももちろん好きでしたが、こくしぼりも捨てがたい。
    あげていったらきりがないです・・・。
    短い時間でもしっかり物語性を感じさせるというのは
    やはり綾野君の魅力なんだろうなあと思います。
    2017年06月17日 23:24
  • Only Best

    私のコメントに対して、いつも丁寧な返信をして頂きまして、ありがとうございます。

    唐突ですが、HaHaさんは、『カーネーション』以外にも、朝ドラをご覧になっていますか?

    私は、過去25,6年前に見てからは、育児にかかりきりで、ドラマを見る余裕がなくなってしまい、働くようになってからも、放送時間のせいで、録画してまで毎日見るのは大変だと思い、ずっと見ていませんでした。

    それが、数年前『花子とアン』をきっかけに、今の『ひよっこ』まで、全て見ています。要は見る気があるかないかの問題でした。

    『花子とアン』は、元々『赤毛のアン』が大好きで、村岡花子さんの翻訳されたアンの言葉にとても惹かれるものがあったので、この言葉を紡ぎ出す村岡さんは、いったいどのような方で、どんな人生を歩まれた方なんだろうと、ただ単純な興味からでした。

    もし、ずっと朝ドラをご覧になっていられるとしたら、『カーネーション』以外では、どの作品がよかったですか?

    『花子とアン』から『ひよっこ』までの中では、『花子とアン』『マッサン』もよかったんですが、個人的には『あさが来た』が好きです。『まれ』『べっぴんさん』は、少し残念でした。その他は、だいたい甲乙つけ難い作品でした。
    2017年07月16日 19:31
  • HaHa

    Only Bestさんへ

    >私のコメントに対して、いつも丁寧な返信をして頂きまして、ありがとうございます。
    こちらこそ、いろいろコメントいただいて嬉しいです。
    なんかOnly Bestさんと文通しているようで楽しいです。

    >唐突ですが、HaHaさんは、『カーネーション』以外にも、朝ドラをご覧になっていますか?

    はい。基本的には他のドラマ同様、とりあえずは見てみて、面白かったら見る。
    面白くなかったら見ない…という感じです。
    他のドラマよりも長い期間放送されるドラマですので、
    途中でいやになって見なくなることも多いです。
    例えば前作の「べっぴんさん」は4か月くらいまで見てやめましたし、
    「純と愛」はラスト1か月というところでやめました。
    放送時間帯が変わって以降の朝ドラで最後まで見たのは
    「ゲゲゲの女房」
    「おひさま」
    「カーネーション」
    「あまちゃん」
    「ごちそうさん」
    「マッサン」
    「あさがきた」
    くらいです。後は途中で視聴を断念しています。
    見るのをやめているもののほうが多いですね。
    基本的には録画予約をしているものを1週を超えて貯め始めたらやめる感じです。
    ちなみに今放送中の「ひよっこ」はまだちゃんと見ています。
    脚本家の岡田さんが大好きなのです。
    最後まで見たものは、だいたい好きだったんだと思います。
    「ゲゲゲの女房」以前ですと
    「ひまわり」
    「天うらら」
    「ちゅらさん」
    「てるてる家族」が好きでした。
    途中から見てはまったのは
    「芋たこなんきん」と「ちりとてちん」かな。
    評判を聞いて見ればよかったと後悔したものもいくつか・・・。
    最後まで見た作品は今でもふと場面を思い出したりしますし
    やはりかなり好きだったんだろうと思います。
    でも、記憶に残る作品として突出しているのが「カーネーション」なので、
    後はドングリの背比べという感じです。
    2017年07月24日 02:11
  • Only BestB

    朝ドラについて、思っている以上にとても詳しく答えて頂きまして、感謝します。 HaHaさんにとって『カーネーション』は、やっぱり別格なんですね。見なかったことが、今更ながら悔やまれます。いつかきっと全編通して見たいと思います。周防さん、私もその時に見ていたら、間違いなく堕ちていたことでしょう。

    私も、文通をしているようで、とても楽しいです。つきましては、これからも続けたいと思っているんですが、その方法として、今の形でしかないでしょうか?
    私のメアドに直接メッセージを頂くわけにはいかないでしょうか?
    もし、ご迷惑なら諦めますが、他に何かいい方法があれば、考えて頂けないでしょうか?よろしくお願いします。変なお願いをしてしまい、申し訳ありません。もし、気を悪くされたなら謝ります。ご容赦ください。
    2017年08月08日 19:10