君の名は。

往年の名作(といってもさすがに私は知らんけど)、朝ドラにもなったあれではありません。

新海誠監督の最新劇場作品のほうです。

ほら、タイトルに「。」がついているでしょ。

新海誠監督は好きと言うワケじゃないんだけど、新作が出来ると気になるアニメ作家さん。

一番最初に作品を見たのは大成建設のCMだったかな。

思わずTVに見入ってしまうような、リアルな雰囲気がありながらもキラキラした感じの映像で

わっこんなアニメ作る人がいるんだ! と驚きました。

その後DVDで「秒速5センチメートル」を見ました。

セリフがとてもいいんですよ。

特にモノローグ。

豊かな叙情性があって、思春期・・・十代、二十代独特の

キュンとする思いをうまく言葉にしていて

そして、その物語を支える圧倒的な風景描写。

何気ない日常の風景が、新海監督にかかると、

こんなに美しい世界に生きているんだ!と思わせてくれる。

特に光の表現が強調されていて、きらきらとした絵になっていて。

アングルとか表現はアニメ的というよりは実写的よりなんだけど

カメラで風景を撮影してもこんなキラキラした世界にはならないよな・・・っていう。

そこがアニメならではの良さになってる。

物語も「秒速・・・」なんかは男女の心の機微を描いているので

本来ならばアニメと言うよりは実写の方が適した題材なんじゃないかなという気がするんだけど

それをアニメでやっちゃうのが面白いよなあ・・・って思っていて。

とは言っても、好みなんだけどはまり切れなかったのは、人物の表現が弱かったんですよね。

風景のクオリティに比して人物がしょぼかった。

繊細なセリフ、繊細な物語・・・それを演技させるには

目が大きすぎて表情の表現が乏しい・・・。

そして物語として見た時に、ちょっと歪な感じがする。

「秒速・・・」は新海監督作品の中では一番好きなのですが、

それでもやっぱり物語としてはどうなのかな・・・という気がするんですよね。

ラストがアンハッピーなのが多いとよく言われるけど、それはいいと思うんです。

特に「秒速・・・」の第3部はほぼ全編「One more time,One more chance」の曲で

あの曲が流れる中ハッピーエンドはあり得ないですもんね。

それよりも、第2部の存在がなんか中途半端で、

ここはここのパートだけで単体で面白かったので

もうちょっと全体としてなんとかならなかったのか・・・という思いが強く残ってしまって。

アニメでこれをやるんだ! アニメでこのクオリティ!

という斬新で魅力的な部分と、

きっとこういうことがやりたかったんだろうなあ・・・というのが透けて見えているのに

残念な部分が入り交じった監督さん・・・という印象だったんです。

「言の葉の庭」もアニメでこの文学的な世界観を表現しようとするのは挑戦だなあ・・・

面白いことやっているなあ・・・っていう思いと、

でも、表現し切れていないよね・・・っていう思いが入り交じっていました。

だから、気にはなるんだけど、はまりきれない・・・状態が長く続いて・・・。

ツイッターでも新海監督をフォローしているので、

刻々と今回の作品ができあがっていくのを、監督のツイートを通して知っていました。

でもなあ、映画館に見に行く・・・こともないかなあ。

今までの作品のように、いつかDVDになったらレンタルして見るかなあ・・・

くらいの気分だったんですよね。

それが、やっぱりこれは万難を排して映画館に行かなくちゃ!

と思ったのは、予告映像を見てから。

Youtubeで公開されている長めの予告は2種類あって、

私が心惹かれたのは「2」の方です。

公式のHPにも公開されていますし、

ググれば簡単に出てくると思うので一度見てみてください。

んでもって、この予告見てちょっとでも「いいな」と思われた方は

見て損のない映画だと思います。

この予告、本当によくできていると思うんですよね。

前半はコミカルに男女入れ替わりの様子がRADWIMPSが歌う主題歌「前前前背」にのって

テンポよく出てきます。

よくできた青春もののアニメかな・・・という風情。

(ちなみの予告1の方はこの前半部分メインの編集です)

それが一転、鈴の音とおばあちゃんの「あんた今夢を見とるの」というセリフでトーンが変わる。

切迫した雰囲気で、平和な二人の日常に何かが起こったことがわかる。

切り取られたセリフ

「おかけになった電話は電波の届かない所にあるか・・・」

「このままだと今夜みんな死ぬ」

「おねえちゃん、変やよ」

「どう思います? あいつの話」

「違う、夢じゃなかった・・・」

これらのセリフ、こうやって並べられると

はしょられながらもちゃんと意味をなしていそうに思えますけど、

実はそれぞれ全然違うシーンのセリフ。

映画を見るとそれぞれ、ああ、あの時のセリフやな・・・ってわかるんだけど

それをこう並べると、見事にネタバレなしで、でも物語に起こる切迫した状況は伝わるんだ・・・

そして流星と共に再び流れるRADWIMPSの音楽。

音楽と映像のシンクロは新海監督の真骨頂。

映画って予告は主題歌と映像が上手くシンクロしているけど、

本編では主題歌が流れず、エンディングに流れるだけ・・・っていうの多いですけど、

この映画は4曲、絶妙なタイミングでRADWIMPSの曲が流れます。

それは物語を盛り上げ、主人公達の心情を代弁し・・・そして何より、映像的快感がすごい。

予告で流星と共に流れるRADWIMPSの曲にぞわっときた人も

是非是非本編を見た方がいいです。

物語の流れにのっかって、予告以上に映像とシンクロした歌が聴けます。

予告の終盤、瀧くんと三葉が交互に畳みかけるように交わすセリフ、

これ本編では掛け合いのセリフじゃなくて、それぞれ単独のセリフなんです。

でも掛け合いに組み合わされることによって、

後半の二人の思いがより的確に端的に伝わって来る。

本編でそれぞれ単独で語られるセリフも、ちゃんと対になっているんだなあって

見終わって改めて予告を見て気が付きました。

これだけセリフを入れ込んで、核になる映像も詰め込んで、

でもちゃんとネタバレになっていないんですよね。

核心部分は伝えずに雰囲気だけ上手く伝えている。

しかも、ネタバレどころが、微妙にミスリードしているんです。

予告にとある映像が組み込まれているので、

私はみごとにコロッとだまされてしまった。

でもこれ、ある意味では核心部分の映像でもありますから、

注意深く映像を見た人はこの物語の仕掛けが一目でわかる映像でもあるんですよね。

本当にこの予告、上手いなあって思います。

この映画、公開からロケットスタートを切ったそうで、

それってこの予告の影響もあるんじゃないかなあって思います。

もちろん、神木君もすごく一生懸命番宣していたし、

RADWIMPSもTVに露出したりしてそのおかげも大きいんでしょうけど。

なんにしろ、今まで新海監督のウィークポイントだと思われていた部分が見事に解消されて

新海監督のいいところはそのままに結実した作品になっていました。

今までの新海監督の作品って、分かる人だけは分かるというタイプの作品だっと思うんです。

でも、今回の作品は大きく門戸を開いた感じ。

監督がサービス精神旺盛にしたっておっしゃっていましたが、

いい感じで受け手を意識しながら伝えたい物語を伝える作品になっていました。

プロデューサーの力も大きかったんじゃないかと思います。

ヒットメーカーの川村元気さんですから。

このままこの映画が失速せず、興行が成功してくれればいいなと思います。

ネタバレ有りの感想はまた後で書くと思います・・・たぶん。



web拍手 by FC2

ゆとりですがなにか

これは、もう、文句なしに面白かったあ。

4月から始まったドラマでは「重版出来」とこの「ゆとりですがなにか

そして「奇跡の人」がずば抜けて面白くて、

こんな面白いものを毎週TVで見られるなんて!

しかも週に3本も!

という幸せをしみじみ味わったクールでした。

そのほかのドラマも十分面白くって、

ほんと、4月から6月はドラマ見るのに忙しかった・・・。

特にこの「ゆとりですが・・・」は次の展開が読めなくて、

毎週リアルタイムでわくわくしながら見ていました。

他のドラマは、展開が全く読めない・・・ことはないじゃないですか。

展開・・・というのはちょっと違うな。

物語の枠組みっていうのかな。

例えば「重版出来」だったら編集者として成長していく話だなってわかるし、

「奇跡の人」だったら、ヘレンケラーの話なんだなってわかる。

「99.9」や「ベストパートナー」は事件や訴訟がどう解決するかを描いた話だし

「私結婚できないんじゃなくて・・・」とか「早子先生・・・」なんかは

人生のパートナーをみつけるまでの話なんだなあと思うし、

「僕のやばい妻」は妻が何考えてるかわかってくるドラマ・・・

っていう風に、だいたいの着地点が見えるというか

これはこのパターンの話ね・・・と分かっていて

その描き方を楽しむことが多いんだけれど、

「ゆとり・・・」は本当に毎回話がどこに転がるのか

どういう結末に向かっているのか想像もできなくて、それが面白かった。

オリジナルドラマならではの楽しみですよね。

そういう意味では、ドラマらしいドラマだったように思います。

原作に沿ったり、一定の枠組みがある物語じゃなくて

強烈なキャラクターたちが生き生きと動き回ることによって成り立っていくドラマ。

私はあんまり記憶にないんだけど、

昔、ドラマは1クール(3か月)っていうしばりが薄かったころのドラマって

こんな感じだったんじゃないかなあ。

世相を反映しながら若者を描くという点では「ふぞろいの林檎たち」に通じるっていうのも

どっかで読んだ気がする。

「ふぞろいの・・・」の放送当時はまだ子供だったからよくわかってなかったけど

こんな感じだったのかなあ。

とにかく、原作付きじゃないオリジナル作品の面白さを

とことん見せてくれたドラマだったように思います。

前半はとにかく大賀君が演じたモンスター後輩につきますね。

毎回いらいらはらはらしながら見ていました。

それはないやろ・・・と、あるあるの、ちょうと間をついた見事な人物造形。

先輩の説教によってまっとうな人間になった・・・と思わせて

次の週にはパワハラで訴えるという展開にはびっくりしました。

ありそでなさそで、なさそでありそで・・・。

こんな後輩いたら怖いよお・・・。

もちろん中心人物の三人組も魅力的でした。

岡田君は端正な顔立ちで一見完全無欠に見える外見なんだけど、

最近気が小っちゃくて、どこか抜けてて、周りに振り回されるっていう感じのキャラ

テレビドラマでは多い感じがする。

そして、それがとっても似合ってる。

今回もその感じがうまく生かされた憎めない性格の人物で、

周りの強烈なキャラに振り回される役を実にキュートに演じていました。

まりぶ役を演じた柳楽君もよかった。

「おっぱいいかがですかあ」という言い回しがしばらく耳につくくらい

強烈なキャラクターでした。

映画ではいろんな役を演じられていて、繊細な役や凶暴な役など

結構ふり幅が大きいんだけど。

まりぶは柳楽君自身が持っている独特な空気感をうまくTV的に落とし込んだ印象的な役でした。

ぼったくりの店に客を送り込むチンピラかと思いきや、

実は大学受験を続けている浪人生っていう意外性も面白かったし、

世間一般の常識的な人生を歩んでいない分、

会社や世間体に縛られない言葉は、ある種真理をついていていたりして

それも面白かった。

かと思えば、兄に対する劣等感だとか、

母親の見栄に振り回されて、

兄よりいい大学に入ることにしか存在価値を認めていなかったりだとか

父親に対する過剰な嫌悪感だったりとか、

妙に子供っぽいところも同居していて、

正論ぶっ放すところとのギャップが面白かった。

会社とか社会の常識に振り回されていない分発想は自由だけど

学歴っていう大きな世間体に縛られてがんじがらめになっている。

こういう2面性っていわゆる中2病の変形パターンかもしれないなあ。

主役もまりぶも好きだったんだけど、その中でも一番面白いと思ったのは山路でした。

松坂君が本当に生き生きと演じていて、見ていて気持ちよかった。

いつの間に松坂君ってこんなに硬軟織り交ぜた柔軟な演技ができるようになったんだろう。

教師としてちゃんと社会人やっている面と

友人たちに見せる、童貞を気にして気が小っちゃくて女に弱い…面のギャップが本当に面白かった。

かと思えば茜ちゃんと仲良くなっちゃって一緒に旅行行っちゃうとか、

本当によくわかんない人で。

でも、人としてちゃんとしているっていうか、

人の気持ちがわかる人なんだっていうのはちゃんと伝わってくる。

そこは松坂くん本人が持っているまじめさが上手く作用しているんですよねえ。

主人公の仕事の話と並行して描かれる山路の学校での奮戦ぶり、

そんな二人に時々ちゃちゃをいれるまりぶっていう構図がとにかく面白かった。

それから茜ちゃんっていう彼女の存在も大きかった。

仕事の上司で彼女・・・って立ち位置で、

最初はつんつんしたイメージだったんだけど、

だんだんだんだん女の子としての可愛げが見えてきて、

それでもまさか最後に結婚までいくとは思っていなかったので

それは本当にうれしかった。

ただ、途中ではずみでやっちゃった浮気がなあなあで終わらなくて、

最終回でドタバタしたんだけど。

でも、そのドタバタもとってもかわいくて、

花嫁姿で走り回ったり、たった一人で三々九度したり。

このときまーちんは牛丼屋で、やっぱり一人でそっと三々九度やってたんですよねえ。

宴会の席で、花嫁姿でポツンと一人座っているのが切なくて。

最終的にまーちんがちゃんと戻ってきてくれてよかった・・・と心から思いました。

まさか結婚式当日に新郎が逃げ出すとは思わなかったもんなあ。

というか、どうして浮気を結婚式前に打ち明けるかなあ・・・って思ったし。

でも、正直に打ち明けずには結婚できないって思っちゃうのが茜ちゃんなんだなあ。

仕事は合理的に割り切ってバリバリできるのに、

人間関係に関しては不器用なところがあるのがかわいいんですよね。

安藤サクラさんのかわいらしさが十二分に生かされた役でした。

もう、いちいちここがよかった、あそこがよかったって言えないくらい、よかった。

毎回、思いもかけない展開にドキドキしたら、はっとしたり、

そうだよなあって思ったり、そりゃないで! って思ったりホロリときたり。

ドラマを見る楽しさを存分に味わったドラマでした。

クドカンさんのドラマって、好きなドラマ(映画)と嫌いなものに・・・

違うな、嫌いというよりはわかんない、ついていけないって感じかな、

大きく分かれてしまうんだけど、

「ゆとりですがなにか」は大好きな作品でした。

ほんっとに楽しかった!




web拍手 by FC2

99.9

これはもうなんとなく惰性で最後まで見たという感じ。

子供が見るというので毎週録画にしておいて、一緒に見ていたんだけど

最後は子供も見なくなったのに録画だけはたまっていくから

せっかくだし・・・ととりあえず最後まで見ました。

初回に感じたコミカルな表現は、思っていたほど作品のトーンを決定づけるものにはならず、

最後のほうには単なる悪乗りにしか見えなかった。

でも、このドラマが視聴率一番よかったんですよね・・・。

朝ドラもそうなんだけど、

あまり深いところまで突っ込まず、さらりとした

私としては物足りないような作品のほうが視聴率とるんだよなあ・・・。

しみじみ自分のドラマに対する感覚が、世間とはずれていると感じます。

このクールは当たりのドラマがとっても多かったんだけど、

このドラマは当たりだったとはとても言えないもの・・・。

ただただ、松潤が魅力的に見えたドラマでした。

もちろん主役が役者の特性を最大限に活かして魅力的に造形されるって大事な要素だけど

それだけっていうのも・・・ねえ。

事件の謎解きものとしても、謎解き部分がしょぼい回が多かったのも残念。

途中から主人公の過去が取り扱う事件に重ねられていくんだけど、

これもそれほど目新しい感じはせず・・・。

ただ、レキシが演じる従妹との関係がすっきりしたのはよかったけど。

全体的に何かを深く追及することなく、

また事件を通して人間を描こうとしている感じもせず、

さらっと、過去の作品のいいとこ取りをしてきれいにまとめました・・・

という印象のドラマでした。

このドラマのファンの方ごめんなさい。

あくまでも個人の感想です。



web拍手 by FC2