映画「毎日かあさん」

テレビアニメの「毎日かあさん」が大好きで、

毎週子供達と一緒に楽しみに見ています。

ちょっと前に「崖っぷちのエリー」というドラマがあって、

ふとリアル西原さんや旦那さんのことが気になってググって初めて、

もうすでにだんなさんが亡くなられていることを知ってびっくり。

ドラマ自体はとてつもなくおもしろくなくて途中脱落してしまったんだけど、

楽しい家族の一面だけを描いているアニメの世界の裏に

こんな辛いこともあったんだという驚きはずっと胸に残りました。

実写で映画化される、しかも、アニメではほとんど触れられていない

お父さんのアルコール中毒、そして死をしっかり扱っていると知って、

俄然見たくなりました。

子供達はアニメの世界がそのまま実写になっているんだと思って見たがっていたので、

あんまり乗り気じゃないChiChiを無理矢理連れて見に行ってきました。

よくよく考えると、久々家族そろっての映画だなあ。

しかもアニメじゃないのは、もしかしたら「カフー」以来かも・・・。



予想通り映画はとっても面白く、

それぞれがそれぞれの見方で興味深い部分があって、

満足感いっぱいの映画鑑賞となりました。

子供達はもちろん映画の延長線上にある、

文治やふみのおばかなエピソードに大笑い。

息子どもは、自分はこんなバカなことはせえへんわ・・・

と思って見ているみたいだけど、

なんのなんの、

親から見れば、文治君のとんでもエピソードはあちこち思い当たることばかり。

例えば、保育所にお迎えに行った母さんが、

泥の中に浸かりきって遊んでいる文治君を見て唖然とするシーンがありましたが、

ウッキーも一時期保育所に通っていたときに、

雨の後泥だらけの園庭でひたすら滑り込んでいたことを思い出しました。

やっぱり男の子は男の子。

うちの二人は男の子にしてはおとなしい方で、

家の中で遊ぶほうが好き・・・というインドア派ではありますが、

それでもしょっちゅう私には理解不能なことをしでかしてくれます。

根本的なところで男と女は違うんだなあ・・・と思うことしきり・・・。

そういう男の子を育てている母親ネタは、アニメでも大好きな部分。

映画でもいくつも笑えるエピソードがとりあげてあって、

重くなりそうな場面を救っていました。

私自身が印象に残ったのはやっぱりお父さんである鴨志田さんの姿。

ガキ大将がそのまま大人になったような破天荒な行動はアニメそのままなのですが、

永瀬さんの演じる鴨志田さんはそこになんとも言えない切なさとかわいげを感じさせてくれました。

文治の前で「男はこうあるべし!」といろいろ行動して見せる時、

どこか必死で男の先輩としての姿を見せようとして無理をしている切なさがあります。

家の生計は妻に支えてもらい、

家族の住む家も妻が買ったもの。

自分は仕事もなく、

小説を書こうとしても上手く書けず、

いけないいけないと思いつつもつい酒に手を出し、

また妻の世話になる。

戦場カメラマンとしての誇りも、

生死の境をくぐって生き抜いてきたという自負も、

空しく手からこぼれてゆき、

悲惨な戦場で負った心の傷は常に自分を責め続けて・・・。

男の人はプライドの生き物だと、私は思います。

プライドを無くしてしまったら生きてはゆけない。

自分を上手く保つことができない。

そして男の人は女以上に帳尻をあわせて上手く立ち回ることができない。

そういう男の人の不器用な部分を体現した様な人物。

辛い部分をおばかなエピソードでうまくくるんで、

ダメだけどとっても愛らしいお父しゃんとして描かれていました。

何度も何度も同じ過ちを繰り返し、

お酒を飲んではいろいろなことを全て台無しにしてしまうお父さんは、

確かにとんでもないお父さんだし、離婚して当然だと思うけど、

それでもそんなダメな彼をどうしても見捨てることができないお母さんの気持ちも

十二分に理解できます。

そして、なにより、家族のことを心から愛している事が伝わってくるから、

本当なら崩壊していると言ってもいい家族なんだけど、

最後まで家族らしい暖かさを感じさせてくれました。



ウッキーが映画に感動して原作本第4巻をお小遣いで購入。

早速私も読ませてもらいました。

笑って、納得して、時々しんみりして、

その後激しく後悔。

子育て中のあれこれ、

日常の些末な出来事、

子供達の生態を見ていて面白かったことなどを、

もっと形にして、言葉にして、残しておけばよかった。

すでにウッキーは少しずつ声変わりが始まり、

体つきが変わり始め、

1年間に10センチ身長が伸びて、

足のサイズは私を抜きました。

気がつけばこの春、中学生になります。

振り返って3年、4年、5年の頃のウッキーはどんなんだっけ?

と思い返そうとしても、

すでにもやっとした記憶の霞の中に思い出が埋もれてしまっています。

その時々で笑えるエピソードや出来事がいっぱいあったはずなのに、

もう、通り一遍のことしか思い出せない。

ましてやビッキーは、ウッキーの思い出と紛れてしまってなおさらしっかりとは思い出せない。

この間、宿題で2、3歳の頃の出来事を親から聞いてくる様に言われてびびりました。

家族の大切な思い出を、写真とかビデオだけじゃなくてちゃんと残しておけばよかった・・・。

(しかもビデオの調子が悪くてビッキーに至ってはビデオ映像もほとんど残せていないし[E:shock])

私もうまくなくてもいいから絵が描けたらよかったのにな。

小さな出来事を、大切な愛しい時間を、

きちんと自分の表現で残せている西原さんをうらやましく思いました。

このブログも最初の頃はウッキー、ビッキーの日常を書いていたんですけどね[E:coldsweats01]

だからタイトルが「ウキビキ日記」なんだし。

とある事情で書くのをやめて、しばらくほったらかしていた時に玉山君のファンになって、

新しいブログを立ち上げるのが邪魔くさかったからそのまま玉山君応援ブログになった・・・という[E:coldsweats01]

今からでも遅くないから、もう少し、彼ら息子の生態を文章として残しておこうかしらん・・・。

迷子

NHKのスペシャルドラマです。

とてもNHKらしい作品。

というより絶対NHKじゃないと企画通らないよね、という作品。

いや、よしんば企画が通っても民放だったらどの局も

ドラマとして成立させられるだけの技量がないんじゃないかと思います。

とにかくゆったりまったりした、大きな事件の起こらないドラマ。

日本をしゃべれないおばあちゃんが迷子になる話。

2年くらい前に「お買い物」というドラマがありまして、

その脚本を書いた人の作品だと聞いてとりあえずビデオにとっておきました。

この「お買い物」というドラマも実に不思議なドラマで、

年老いた老夫婦が東京にカメラを買いに出てくるその珍道中を描いた話なのですが、

すごく面白かった! と強烈に印象に残っているのに、

まったく筋が思い出せない・・・という・・・[E:coldsweats01]

でも、夫婦の会話が面白くて、

いかにも作られた台詞という感じが全然しない。

まるで日常生活の会話をそのまま切り取った様なそっけない言葉達なのに、

その言葉達が積み重なって作り上げられたドラマはしっかりと心に染みいる人間ドラマになっていて、

その才能のすごさに、見終わった後しばらく呆然としたものでした。

今回のドラマも「お買い物」と同様に、

登場人物達の台詞がとてもいい。

高校生たちのなんとなくお互いを気遣って、相手との距離を保とうとするような、

物事の核心をぼかしたままで会話が進んでいく感じや、

貧乏な女子高生のぶっきらぼうな中に優しさが潜んだ感じ。

とにかく、見終わって心がほんわかと温かくなる。

見ず知らずの幾人かの人達が迷子のおばあちゃんを巡って知り合ったり、

関わりがないと思っていた人物達が実は思いがけないところでつながっていたり。

みんな広い都会の街中でおばあちゃんを探してすれ違いそうですれ違わなくて、

これから深い知り合いになれそうで、やっぱりすれ違ったままで・・・。

みんな迷子のおばあちゃんを探している側なのに、

いつのまにかみんながみんな都会の中でさまよっている迷子に見えてくる。

また、おばあちゃんがとっても魅力的。

中国語しか喋らないのに、にっこりとした笑顔や愛嬌が

登場人物達がほっておけない気になってしまうのも頷ける。

字幕も全く出ないので、視聴者もおばあちゃんが何を言っているのか

どこに行こうとしているのか、何者なのか・・・

物語の最後まで分からないまま。

(公式HPhttp://www.nhk.or.jp/osaka/maigo/#には一部解説があります)

一応、最後におばあちゃんの素性も、目的も明らかにされて物語は終わるのですが、

きっと1年後にはストーリーを思い出せないだろうなあ・・・。

それでもやっぱりどこかでこのドラマの名前を聞いたら、

「迷子」ってドラマ? ああ知ってる! すごい面白いドラマやった!!

とそのことだけは瞬時に思い出せそうな秀作のドラマでした。

幸いなことに再放送があるようです。

2011年の3月27日18:45~BS-hiが入る方はぜひ御覧になって下さい。

「お買い物」も24日に放送されるようです。

うちは見られません・・・[E:crying]

くっそー・・・、地上波で再放送して欲しい「お買い物」

久々のブログパーツ!

久々にブログパーツを追加。

なんだかかわいい[E:heart01]

我が家は今津線ではありませんが、阪急電車の沿線

(本当に窓から電車が見えるくらい近く)にありまして、

馴染みのあるマルーン色の電車がちょこちょこ動いているのが嬉しいです。

玉の出演作・・・私にとっては誠に珍しいことですが、

原作先行の作品です。

実は息子が阪急電車の大ファンで

(夢は阪急の正雀車庫で働くこと!)

彼がタイトルだけに惹かれて図書館からかりてきたものの、

思っていた中身ではなかったようでほったらかしていたのを、

興味本位で読んで見たっていうだけだったのですが[E:coldsweats01]

1回さらっと読んで

「ああ、おもしろかった」

とそのまま図書館に返してしまったので、

玉が映画に出演すると聞いても

はて? 玉ができるような役ってあったかいな?

とピンと来ず・・・。

高校生と付き合っている間抜けな社会人の役だったんですね。

すっかり忘れてたエピソードだってけど(おい!)

大好きなエピソードでした。

公式HPに掲載された写真もいい感じ。

久々に素朴で純朴な青年・・・という役。

作品自身も玉も楽しみな作品って久しぶりだなあ(おい!)

脚本は大好きな岡田さんだし。

とりあえず長男と見に行くかな[E:smile]