「天地人」の最後の感想

とりあえず全部見ました。

去年の今頃、本当に楽しみで楽しみで、

オープニングを見ながら

心躍らせて放送を待っていたことを思い出して悲しくなりました。

ここの部分が最終回で一番泣けた・・・。

御館の乱を見ていた時は、

やっぱりマイナーな歴史って書きにくいものなのかな・・・、

自分が固執しすぎているからひどく感じるのかな・・・、

と思っていたのですが、全編あの調子でいっちゃいましたね。

史実がメジャーな部分に入ってくると尚更薄っぺらい人物像が際だってきて、かなり辛かった。

今思えば、やっぱりこの大河は「御館の乱」をいかに書くかってとろで、全編の流れが決まるんですね。

あそこで兼続が表舞台に出てくるわけだし、

兼続が戦国の世の中で何を目指したのかを端的に示せるいいチャンスだったんですよね。

それを兼続をいい人に書くことに終始したせいで、説得力のない、口だけ男になっちゃった。

御館の乱の中だけで考えても、兼続がやったことを説明するには「義」一言じゃ無理なんですよ。

偽の遺言や実城占拠、武田買収など明らかに「義」から外れたところで成果をあげているんだから。

その行動を説明するには、兼続が景勝と一緒に上杉家をどうしようと思っていたのか、

そういうものを感じさせて、その部分を「義」につなげなければならなかったのに、

場当たり的に「義」「義」って馬鹿の一つ覚えみたいに唱えさせてただけでした。

大体、書き始めるときに兼続のおおよその行動はつかめるんだから、

せめてそれを見据えた上で筋を通さないと。

武田をお金で買収したのはわかりきっているんだから、

その前の週で「お金で解決するのはいかなるものか」みたいな主張をさせるのは避けるべきでしょ。

こういういい加減さは至る所にあって、

御館の乱で「越後の民を守る」ってあまりに強調しすぎてるから、

後々越後を離れなければならなくなったときにどういいわけをするんだろう・・・って心配していたら、

見事にその辺はスルーしていたし[E:coldsweats02]

「義」のために・・・と言って関ヶ原の引き金を引いておきながら、

どんな顔をして大阪の陣で徳川方につくんだろうって思っていたら、

これまたスルー・・・[E:despair]

平気で徳川方についてました。

したり顔で幸村に説教しているし。

うまく千姫の問題を持ってきて視聴者の目をそっちにそらしたつもりなんでしょうが、

そんなもの、まるっと全部お見通しだい!

視聴者をなめるんじゃない[E:angry]

こういうところに深い深い葛藤があって、

視聴者は兼続がどう悩んで、苦しんで、歴史上に残るあの選択をしたのかっていうところが見たいんですよ。

そういうところにドラマが生まれるんじゃありませんか。

それをことごとくスルーして、

周りにしたり顔で偉そうに結論部分だけ話す。

それで周りの人間が感心して、時には改心までするので

見ている方は???になってしまうんです。

最終回で家康まですんなり改心したのには本当にびっくりしました。

もう、できの悪い啓蒙ビデオを見ているようです。

怪しげな宗教の勧誘について行ったら、

こんな感じのビデオを見せられて

「ほら、うちの教祖様はすばらしいでしょ」って言われそう・・・。

(別について行ったことはないけど)

まだ苦悩の様子を描いてもらえた景虎は幸せだったのかも。

そういう意味では、石田三成はこの「天地人」で唯一いい感じに書いてもらえていましたね。

大いなる理想と苦悩と孤独と。

関ヶ原の回では珍しく兼続があんまり出なくて、三成が出ずっぱりだったし。

あれくらい他の人物も作り込んでいたら、もう少しこの作品も何とかなったのになあ。

途中で放り出された人物たちが多すぎる・・・。

例えば、遠山にしても、史実では景虎と一緒に鮫ヶ尾城で死んだって言われている人を、

ずーっと引っ張って家康の懐刀にまでしといてフォローなしってどういうん?

初音も利休の娘さんも、後半はお船まで適当にフェードアウト。

お船は前半あんなに出なくていいから、後半兼続の右腕にしてあげればよかったのに。

前半はなんでこんなところまででしゃばってくるんだってうざいくらい出ていたのに、

後半は兼続の愚痴を聞く役になっているだけ。

でも史実では上杉家を内から支えていたんですよね。

そういう気丈で聡明なところをもっと描いて欲しかった。

人物を便利に使うだけ使っておいて、その人自身が持っているドラマを全く描かない大河でした。

それにしても遠山はいったいなんだったんでしょうねえ・・・[E:despair]

もう、愚痴は数え上げればキリがないくらいあります。

でもたぶん、そんな思いを一言で言えば、

「小松さん、あんた、歴史が好きじゃないでしょ?」

ってことなんだと思う。

兼続の生き方にちっとも共感なんてしてなかったでしょ?

たぶんオファーされた時に、

「小松さん、直江兼続なんてどうですか?」

「えー、誰、それ。聞いたことないわ。私歴史苦手なのよね」

「上杉謙信の跡継ぎ、上杉景勝の家臣なんですが、これがすごいんです。

なんと、愛の兜をかぶっていたんです」

「愛の兜!」

「上杉謙信から『義』の精神を受け継いだ人物なんです。

それにね、あの関ヶ原の戦いの原因を作ったのも彼だって言われているんです」

「あら、そうだったの? 関ヶ原の戦いなら知ってるわ」

「石田三成とは大親友で、彼と謀って家康を倒そうとしていたんです」

「面白そうね、戦国の時代に『愛』と『義』の精神を武器にして戦った男、これなら書けるわ」

・・・ってな会話があったかどうかはわかりませんが、

(あのミラージュの読者だったそうなので、実際はもう少し兼続に対して知識があったとは思いますが)

そういう上っ面なところで組み立てたストーリーに、

無理矢理歴史上の人物を当てはめただけのような大河。

プロデューサーとかがもうちょっとなんとかできなかったのかと思うのですが、

プロデューサーもあれでよしとしているフシがあるので、どうしようもなかったのかな。

すごくぶっちゃけちゃうと、大河だろうと、所詮フィクションなんだから、

必ずしも史実をなぞらなくてもいいと思っています。

思い切って関ヶ原は実は上杉が勝っていたって話にしてしまってもいい。

そこに筋が通っているならば。

そこに人間ドラマがあったら素材だけ歴史に求めて、

あとは自由に物語を語ってくれていい。

でも、「天地人」に本当の意味でのドラマはなかったと思うのです。

天下のNHKの看板ドラマがこのていたらくではドラマはどうなっていってしまうんだろう・・・。

幸か不幸か、視聴率はそこそことったみたいです。

でも、このドラマである程度の視聴率をとってしまったっていうのは、

NHKにとって決していいことじゃないんじゃないかなって思ってしまいます。

こんだけクソミソに貶すなら、見るなよ!

って話ですが、本当に、本当に、去年の今頃は「天地人」が始まるのを心待ちにしていたんです。

期待が大きかった分、裏切られた感も強くって。

景虎が死んだ段階で怒り狂っていたんですが、

やっぱり批判するにはちゃんと最後まで見てからにしないとな、

と思ってとりあえず見ました。

是非、NHKさんには来年からの大河では心を入れ替えて取り組んでいただきたいです。




で、小耳に挟んだんですけど、

「天地人」が外国でも放映されるとか・・・。

やめてくれ・・・。

外国に日本のドラマのクオリティがこんなもんだと思われたくない・・・。

だれかとめて~[E:shock]

no-title

寒いですね・・・。

ずっと我慢してたんですが、いよいよおこたを出してしまいました。

ぬくぬく~[E:happy02]

おこたに入って面白いドラマを見るのは冬の醍醐味ですねっ。

特に今回は家族で楽しみに見ている作品が多いので楽しみも倍増です。

さて、おりょりょ~。

なんだか芸能ニュースで[E:heart01]マークが乱れ飛んでいますね。

まさかその中に玉のお名前を拝見するとは!

朝の芸能ニュースを見たChiChiが飛んで起こしに来てくれました。

お相手は、なんで今更騒ぐ?

って感じなんですが(ネットで騒がれていたのずっと前でしたよね)。

お相手として名前を見たときに、一番しっくりきた女優さんだったので、

とりあえず騒がれている相手がこの方でよかったな・・・とほっとしました。

役者として好きなので、プライベートに関してはあまり関心を持ちすぎないようにしよう!

と、心に決めているのですが、

ネットなんかで時々遭遇してしまう、噂の域を出ない憶測の中にはかなりはらはらすることもあって、

ファン心理なんてそう簡単に割り切れるもんじゃありません[E:coldsweats01]

この方の前に名前が挙がっていた人と・・・っていうのはちょっと嫌だなあ・・・って思っていたもので、

余計にほっとしたのかも。

その人が特に嫌いっていうわけじゃないんですよ(好きでもないけど)

ただ、その人はある意味女王様なんだと思うんです。

性格云々は知りませんが、彼女が今いる立場なり地位なりが。

役者と違って、自分で多くのことを作り出して決めて、

常に大きなプロジェクトの中心にいなければならない人。

友人としてつきあうならいろんな刺激を受けられて面白そうだけど、

恋人や結婚相手として側にいたら飲み込まれてしまいそうじゃないですか?

彼女の大きな渦の中に巻き込まれて、尚かつ自分なりに光り輝くのは難しいかなあって気がしたもので、

相手が彼女だったら嫌だなあ・・・って思ってたんです。

今いい感じで仕事を選んで、役者という仕事に向き合いながら成長しているので、

なるべくならその方向性を崩さない相手がいいなあ。

ファンとしては役者としての彼の才能をしっかりと認めてくれる人がいいな。

一般の方でも、同業者の方でもいいから。

ま、一ファンが何を思っても詮無いことなんですけどね。

それにしても、事務所が留守電・・・って。

これは居留守? 単なる人手不足?

やる気があるんだか、ないんだか・・・[E:despair]

まあ、30歳近い大人の恋愛について事務所が口出しするのもどうかと思いますから、

(不倫や不法行為なんかで著しくイメージを損なったり、仕事に支障をきたすんなら別でしょうが)

いい感じに放任主義っていうことで、これでいいのかもしれませんね。

やる気がないと言えば、公式のホームページ。

リニューアルしましたねっ!

私がファンになって2年と少し、初めてのリニューアルです。

私なんかよりずっとベテランファンの方のブログで「自分がファンになってから初めてだ」って書いてあったので、

ずいぶん長い間ほってあったわけですね[E:coldsweats01]

前のトップページは凝ってたんだけど、誰のホームページかわかんなかった・・・。

だって顔がはっきり映っていない写真ばっかりだったんだもん[E:pout]

じゃあ、玉山鉄二っていう役者さんのイメージを伝えるものになっているかというとそうでもなく、

初めてホームページを見た時はずいぶん戸惑ったものです。

ホームページと言えば看板みたいなものなのにいいのか、これで・・・。

って思っていたら、すごく素敵な写真になりましたね。

玉山君の写真って、その時やっている役のビジュアルでずいぶん印象が変わるので、

髪型やおひげの様子なんかで、ああ、この写真が撮影されたのはこの頃だな、

と推定できるものが多いのですが、

何の役のイメージにも染まっていないそのままの玉山鉄二って感じ。

素の玉山君って感じでもないんですよ。

本当に、何の役にも入っていない俳優玉山鉄二の写真って感じで、横顔だけどすごく力強い。

ひげの感じが生っぽっくてちょっと苦手なんですけど、

鼻のラインがきれいに出てて、髪の毛の質感とかすごくいいんです。

この写真はHP用に撮ってもらったんでしょうかね?

それともなんかのついでで、よく似た写真をどこかでお目にかかれることがあるんでしょうか?

で、ここまで書きかけていたところで、どんどん時間がたち、

この週末でまたポコポコ新しい情報や出来事が出てきまして・・・。

今度は舞台ですか・・・。

これは思いっきりびっくりです。

いやあ、このまま映像畑を歩いていくもんだとばかり思っていたので[E:coldsweats01]

映像作品に関して言えば、天性のなんかを持っていると思っているのですが、

舞台に関しては想像もつかない。



・・・で、またここまで書いてちょっとほっておいたら、

今度は公式のHPの発表間違いですと!

舞台の出演予定は玉山君のニュースではなかった模様です・・・。

なんのこっちゃ・・・[E:bearing]

やっぱり事務所の手が足りてないんだろうか・・・。

この記事はなんとなくだらだらだらだら書いていて、

書き始めてから何日もたっているんですが、

書いているうちにどんどん新しい情報が出てきて事態が変わってきています。

新作の出演情報とかならこの状況は嬉しいんですけど、

そうではないので、なんだかなあ・・・状態[E:sad]

やっぱりこういうのは一気に書き上げて、

ばっと思い切ってUPしてしまわないと、タイミングを失ってしまいますね。

ということで、うだうだ話はこのへんでやめときます。

2009秋ドラマ その4

なんかすっかり忘れていたけれど、ドラマの感想の続きです。

交渉人(木曜9時 テレビ朝日)

前にやっていたシリーズの続きみたいです。

前回も時々見ていて、

これって一生懸命見たら面白そうだな・・・って思いながらも、

そのままスルーしていた作品。

今回も第一回目は見て、やっぱり一生懸命見たら面白そう・・・と思いながら、

そのまま見なくなってしまいました。

ドラマのでき云々ではないところでどうしても見る気がしない作品ってたまにあって、

この作品は私にとってそういう作品見たいです。

このドラマに出ている城田優くん。

「サムライハイスクール」の方は一生懸命見ています。

「天地人」では真田幸村役でしたね。

先週死んだけど・・・。

それにしてもあの扱いはあんまりだ・・・。

もっと描きようがあったろうに。

真田幸村は人気が高い武将なだけに怒っている人も多いに違いない。

相変わらず役柄も俳優も大事にしない脚本だ[E:despair]

いやいや、そんなことはいいんだけど、

同時期に、いじめられっ子の高校生、有名戦国武将、不敵な笑いを浮かべる犯罪者・・・となかなか幅の広い演技を見せてくれますね。

あれだけ背がでっかいのである程度役柄も狭められるんじゃないのかな、

と思うのですが、案外その辺を楽々とクリアーしている気がします。

背の高い俳優さんが増えたっていうのも大きいでしょうね。

きっと二宮君とか松本潤くんとか、それこそキムタクとかと共演したら、

縮尺や遠近感が狂って見えるに違いない・・・。

役柄によって大きく表情を変える役者さん・・・って大好きなはずなのに、

なぜかこの人にはまだピンときていません。

自分の中で玉と城田君を区別しているものってなんなんだろうなあ・・・。




傍聴マニア(木曜 11時58分)

単純に面白かったです[E:happy01]

裁判を見る視点のおもしろさ。

向井理くん演じる北くんが素人目線を代表してくれるので、

非常に見やすいつくりです。

裁判を通して人間の意外な一面が見えてきたり、

何が正義なのかわからなくなってきたり・・・と、

裁判という制度そのものについて考えるいいきっかけになりそうです。

今までだって弁護士ものとか検事もの、もしくはえん罪犯罪を扱った作品で裁判は描かれてきましたが、

その場合、常に、被告側、原告側のどちらかの視点に立ってしまいます。

でも、この傍聴マニアでは完全に中立で第三者として裁判を眺めるので、

今までにない視点で裁判を見ることができそう。

途中で裁判がストップして、

向井君、アッキーナ、六角さんがどしどし法廷に入ってきて解説してくれるのも楽しい。

向井くんは「のだめ」や「メイちゃんの執事」のすかした役ばかり見ていたので、

等身大の頼りない感じのキャラクターが新鮮でした。

どっちかっていうとこういうキャラクターの方がいいやん。

すかしている時は整った顔だなあって思っていたのですが、

この役ではとっても親しみやすい顔に見えます。

大げさな表情の演技もこのドラマでは○。

ちょっと楽しみな役者さんになってきました。

難点は・・・この時間はどうしても見忘れることだな・・・[E:sad]




ライアー・ゲーム シーズン2(火曜9時 CX)

前のシリーズはとにかく興奮して見ていました。

土曜11時過ぎからの新設枠の1発目ということもあって、

深夜ドラマならではの挑戦的なドラマを作ってきたな・・・って。

戸田恵梨香ちゃんはこのドラマで名前を覚えました。

その後「デスノート」を見たのかな。

「牛に願いを」が始まるときには自分の中ですごく注目の女優さんでした。

頼りなげなかわいいナオちゃんがとにかくかわいかったですね。

松田君もこのドラマで名前を覚えましたね。

存在感たっぷりのこの俳優さんだれ? って調べて、

松田優作さんの次男さんだって知った時は驚きました。

お兄ちゃんとあんまり似てなかったので。

未だに松田くんは「ライアーゲーム」の秋山さんやっているときが一番好きです。

それから、ちびキノコこと坂本真さんもこのドラマでめちゃくちゃ印象に残っていたところに、

「逆境ナイン」を見てびっくりしました。

こんなところにちびキノコいるやん!

チワワ好きなんやあ!! って。

話的にも面白かったし、

毎度毎度ゲームのからくりやら、必勝法やらに驚かされたし、

なにより、その説明の仕方が楽しかった。

(時々頭がぼーっとしちゃって解説されても理屈がわからなかったけど[E:coldsweats01])

凝った映像とともに一つの世界観がしっかりあって好きなドラマでした。

関西では第2シーズンにあわせて再放送していたので、

それで復習もばっちり済まし、

満を持してシーズン2の放送を待っていました。


さてさて、いざ始まってみると・・・どこかちょっと物足りない。

相変わらずだまし合いだったり、必勝法っていうのはさっぱり仕掛けがわかんなくて、

種明かしをされるたびに、ああ~、なるほど~、と感心しているのですが、

ちょっとテイストが変わった感じ。

つい最近までシーズン1を見ていたせいかもしれません。

ナオちゃんがかなりしっかりしてしまって、

シーズン1の醍醐味だった「負けると多大な借金」というカセが弱くなっている感じ。

なんか、はじめから勝てると思ってますもんね。

テンポも少しゆっくりになった?

もっとたたみかけるような印象があったんだけど、

時々間延びしたような瞬間があります。

脚本家が変わったことも影響しているのかな。

前回は「任侠ヘルパー」の古家和尚さんだったんですね。

原作があるので、大きく変化は出ないでしょうが、

脚本家の違いって意外に台詞のニュアンスや人物の見せ方に違いが出るものですから、

そういうのも感じているのかなあ・・・。

とにかく、楽しみにしていた作品なので、見ると思います。




やっと、1回目の感想終わったア。

すでにドラマは中盤戦を迎えているというのに[E:coldsweats01]

さて、この大量のドラマの中から最後まで残って感想を書くのは何本なんでしょうか・・・。

でも、今回は前クールよりも感想を書くのが大変そう。

力作揃いなので、楽しみです。